美術館

アート

国立新美術館「マティス 自由なフォルム」に行った感想。チケットやグッズ、所要時間に混雑状況

国立新美術館で「マティス 自由なフォルム」展が開催中。アンリ・マティスの切り紙絵に焦点を当てており、絵画、彫刻、素描、版画、テキスタイルなど約150点を紹介。さらにヴァンスのロザリオ礼拝堂を再現したスペースも。本記事は展覧会の概要に所要時間や混雑状況、グッズに感想などまとめています。
アート

東京都美術館「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展へ行った感想

東京都美術館で「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展が開催中。ウスター美術館のコレクションを中心にモネやルノワールなどのフランス印象派や、アメリカ印象派ハッサムなどの作品を展示。本記事ではアクセスやチケットなどの概要、所要時間や混雑状況、グッズ、そして感想をまとめています。
アート

森アーツセンターギャラリー「キース・ヘリング展」に行った感想。混雑状況に所要時間、グッズなど

森アーツセンターギャラリー「キース・ヘリング展」に行った感想。混雑状況に所要時間、グッズなど
アート

TOKYO NODE「蜷川実花展」に行った感想。チケットやグッズ、混雑状況や所要時間など

TOKYO NODEで「蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」が開催中。ここでしか実現できないような見せ方・規模のインスタレーションを見ることができ、期待以上に楽しめました。本記事ではチケットなどの概要、混雑状況や所要時間、グッズ、そして個人的な感想をまとめています。
アート

上野の森美術館「モネ 連作の情景」に行った感想。チケット、所要時間、混雑状況、そしてグッズなど

上野の森美術館で印象派を代表する画家のひとり、クロード・モネの代表作が60点以上集結した展覧会「モネ 連作の情景」が開催中。「連作」に焦点を当てながら、画家の生涯をたどります。本記事はチケットやアクセスなどの概要、そして混雑状況に所要時間、グッズなど、そして個人的な感想をまとめたものになります。
アート

まさかの無料。国立新美術館「大巻伸嗣真空のゆらぎ」に行った感想。所要時間や混雑状況など

国立新美術館で大巻伸嗣の個展「大巻伸嗣 Interface of Being 真空のゆらぎ」が開幕中です。本記事ではアクセスや会期などの概要、所要時間や混雑状況、そして個人的な感想をまとめています。大巻伸嗣のダイナミックな作品が都内で、しかも無料で見れる貴重な機会ですので、見に行って損はないです。
アート

森美術館開館20周年記念展「私たちのエコロジー」に行った感想。混雑状況や所要時間など

森美術館で「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」が開催中。地球が抱えているさまざまな課題を16ヶ国のアーティスト34人による約100点の作品を通じて問いかけています。本記事はチケットなどの概要に、混雑状況や所要時間、グッズなどの情報、そして個人的な感想をまとめています。
アート

国立新美術館「イヴ・サンローラン展」に行った感想。チケット、グッズ、所要時間に混雑状況

国立新美術館で「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」が開催中です。モードの帝王と言われたイヴ・サンローランの没後、日本では初の大回顧展。本記事はチケットやアクセスなどの概要から、グッズ、混雑状況、所要時間、そして個人的な感想をまとめたものとなります。
アート

入場無料「吉岡徳仁 FLAME ─ガラスのトーチとモニュメント」に行った感想

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で「吉岡徳仁 FLAME ─ ガラスのトーチとモニュメント」が開催中。炎から放たれる「光」に着目し、新作を発表しています。本記事は開催期間やアクセスなどの概要、混雑状況や所要時間、そして個人的な感想をまとめています。
アート

松濤美術館「杉本博司 本歌取り 東下り」に行った感想。概要、混雑状況、所要時間など

松濤美術館で杉本博司の個展「本歌取り 東下り」が開催。和歌の伝統技法「本歌取り」を援用した新作から代表作品などを展示。現代の作品と古典作品が見事に調和した杉本博司ならではの素晴らしい内容でした。本記事はアクセスやチケットなどの概要、混雑状況や所要時間、グッズ、そして感想をまとめたものになります。